FC2ブログ

緊急事態宣言って

未分類
04 /08 2020
いや、わかるよ。命のかかわることだから。
直接、休業自粛を要請されてる皆さんに比べればどれほど恵まれているか。
だから多少の我慢もしますよ。

でもさ。
やはりさ。
要請がどこかズレてるのよね。

テレワークをしてくださいって。テレワークが進みませんって。

現実的に社会的に、いまだにどれだけハンコと紙媒体と電話やファックスで経済活動が回っていると思います?
マイナンバーカードでなくIDで電子申告・申請を進めなくてはならなくなった背景を忘れてませんか?
添付ファイルですべてOKとか思ってませんか?
A3のプリンターのある家庭がどれだけありますか?
小切手が過去の遺物ではないってって知ってますか?
もし、テレワーク中に椅子から落ちて尾てい骨を骨折したらすんなり労災を認めてくれますか?

全員がストレスを抱えた家の中でテレワークするくらいなら、下手したら河原でレジャーシート引いて仕事したほうがましかもしれませんよ。
テレワーク導入のQ&Aに何を書いたかを「非常事態」って言葉でけむに巻いていませんか?

どうか。
どうか。
非常事態宣言をするならば。
可及的速やかにすべての提出・申告・締め切りの期限を2カ月伸ばしてください。
スポンサーサイト



一月十七日

未分類
01 /24 2020
 こんにちは 京都盆地の端っこに棲息して数十年の吐夢です。
 暇な私の他愛もない遊びの部屋にようこそ。お越しいただいた奇特なお方、しばしおつきあいください。



一月十七日

 今年も1月17日がやってきました。あれから25年経ちます。
 今朝、テレビで震災の映像が繰り返し流されていました。そして東遊園地に「きざむ」と灯りがともされていました。

 今まで25年、こうしてあの日のことを文章にしたことはありませんでした。
 被災地から離れて安穏と暮らしている身にその資格はないと思っていたからです。
 でも、四半世紀が経ち、今なら被災地の外側で右往左往していた人間の言葉も耳障りにならないのではないかと思ったことが一つ。25年の間に災害が頻繁に起こり、被災地の外側が常態化しているのではないかと思ったことも一つ。
 だから、少し昔語りをさせてください。
 
 あの日、布団ごと遊具に乗せられたような揺れで目が覚めました。
 夜明け前とはいえ、いつもなら街灯に照らされる窓の外も暗闇。とっさにデッキの表示を見てもそこも闇。
 今から思えばよくぞ電池が入っていたと思う大型の懐中電灯で、揺れが来たと思った南西の空を照らしました。
 夜明け前の空は街の灯りもなく漆黒で、懐中電灯の光がサーチライトのように離れたマンションの貯水槽を照らしていたのを今でも鮮明に覚えています。

 家族の安否を確認し、取り敢えず着替えました。
 ラジオも常備しておらず、停電の中、被害の程度もわからず、ただひたすら電気が復旧するのを待ちました。後から聞けば比較的我が家の近辺は揺れが少なく、また、被害もなかったように思えたのです。

 しばらくして電気が復旧しました。
 すぐつけたテレビでは、地震大きさを表す図が表示され、アナウンサーの方の状況を知らせる言葉が、どのチャンネルでも繰り返されていました。
 その地図の中、いつまでもいつまでも神戸の震度だけが表示されませんでした。
 神戸で何が起きているのだろう、不安しかありませんでした。

 そのうち、在阪のテレビ局から中継が入り始めました。
 目を疑う映像が次々と映し出されました。取材側も取材される側も被災者。都市直下型の震度7。がれきの山が次々と映し出されて、戦場とはこういうものだろかと思いました。「未曽有の」としか表しようのない事態でした。

 余震は断続的に続いていたものの被害のない我々に日常生活をおくらない、出勤しないという選択肢はありません。仕事に行っている場合なのだろうかと思いつつ家を出ました。
 一日中、テレビやラジオは被災地の報道を続けていました。この時点ではまだ火事も多くなく、淡路島の断層による地震だったとはわかっていなかったと記憶しています。

 それからしばらくの私は、一種のパニック状態に陥っていたのだと思います。
 わが町には台風も地震の被害もないと思い込んでいた日常で、懐中電灯一つきり、ラジオも水も非常食も物資も蓄えていないような状況で、いったい何ができたのかと、今なら笑い飛ばしてやろうかとすら思えますが、当時の私にとって、何をしたらいいのかわからない、何もしていない、普通に生活して普通に仕事をすることの罪悪感にいたたまれない思いをしていたのです。

 数日後大きな火災が発生したことも、今ならば、想定すべき事態でしょう。当時の私にとっては「何故?!」という思いしかありませんでした。

 パニック状態を表す例として、被災地で衣料がないという報道を聞いて、夜中に自分の服を送ろうとまとめ始めたことがありました。今では、個人で、使用済みの服を送ることはNGだとわかっています。それでも当時の私にとっては「好意のつもり」だったわけです。幸か不幸か、店の商品であるベビー服を赤十字に送られる方に出会って思いとどまりました。

 あの日、私はとある事情で顔に数針縫うけがをしました。もちろん震災とは全く関係のないことでしたが、しばらくは病院通いで、結局被災地へ行けたのは春になってからでした。芦屋でしたがその頃にはかなり落ち着いていて、数軒おきに、全く被害がないように思える家と瓦礫と化した家が並んでいたのを覚えています。
 身体的に仕事的に、いろいろな状況から、もしかしてその状況すら言い訳にして、私にはボランティア活動をすることが出来ませんでした。また、この25年の災害と復旧を繰り返した日々にボランティア活動をすることはありませんでした。
 義援金を送金することすら後ろめたさをごまかしていたのかもしれません。
 あの時、マスクで顔を隠しても、夜通し歩いてでも神戸へ行っていれば人生が変わったことは確かです。

 今は、予測される事態のために、せめて自分と自分の手の届く範囲の人を助けることが出来るように努力をしようと思います。そうすれば本当に必要な人のところへ、助ける力を持った人に行ってもらえることが出来るでしょう。

 あの時、何も被害がないと思っていた我が家ですが、気が付けばタイルに模様のごとく無数のヒビが入っていました。揺れに建物が悲鳴を上げていたのでしょう。
 そのヒビを見るたびにあの日のことを思い出します。

 忘却は恩寵であり試練です。
 恐怖も衝撃も悲しみも怒りも後悔すらも、薄紙をはがすように薄れていきます。消えない傷跡も日常に埋没していきます。
 それでも経験は消えるものではなく、学習は重ねることが出来ます。二度とパニック状態にならないこと、それだけは自分に言い聞かせています。

 この文章そのものは17日に書いていますが、少し遅れてアップします。
 あの時、慌てるだけで何もしなかった自戒のために。
 17日以降、どうしても報道が減ってしまうということへ豆粒程度の一石を投じるために。
 何よりいつまでも忘れないよう自分自身にきざむために。

 長々と懴悔にお付き合いいただきありがとうございました。
 皆様の平穏を心からお祈りします。

京アニに感謝を

未分類
08 /07 2019
 こんにちは 京都盆地の端っこに棲息して数十年の吐夢です。


 今年もお盆がやってきます。
 そして、あれから二十日たちました。
 端っこに住んで数十年。ある意味、一番衝撃的な出来事だったかもしれない。地震、津波、震災、台風、豪雨。バブル崩壊にリーマンショック。物心ついてからいろいろとあったけど、基本的に端っこ暮らしはのんきな暮らしだったから。生きている間に、あんな光景を見る日がこようとは。
 皆さんの傷は、少しは癒えましたか?

 まずは、京都アニメーションの皆様に。
 心からご冥福をお祈りします。
 そして体と心に傷を負われたすべての方が、良くなられますように。早くなんて言わない。どうぞ、ご自分のペースでゆっくりと傷を癒していってください。
 今年はね、まだ初盆ではないから、本当はご家族のもとへ帰ってこられるお盆ではないのだけど、もしかしたら、まだ、何が起こったかわからず、六地蔵のあたりにさまよっている方もおられるのではないかと。そんな方がいるなら、お地蔵さんと閻魔さんの忖度で、一度、お家へ返してあげて欲しい、そして輪廻の輪に戻してあげてと願ってくるつもりです。忖度なんて、本来そんなときに使う言葉じゃない?
 そんな思いで、お盆の鐘をついてこようと思います。

 京アニの口座に少しだけだけど、お振込みをしてきました。
 京都信用金庫なんだね。
 他の地方の方にはわからないかもしれないけど、京都って信用金庫の力が強い。多分、「しんきん」のイメージとは一回りも二回りも大きいんじゃないかしら。京都信用金庫もランクで言えば10位以内には入っているはず。
 それでも、こういう口座にはメガバンクとかネットバンキングとか使うでしょ。京信だったところがね、ああ、地場産業なんだと改めて思わされた。京都に与えた影響は計り知れないだろうね。同じ京都に住んでいるだけでもダメージは計り知れない。

 今回の件で、改めて米澤穂信という人の言葉の確かさに気づいた。
 先日、被害者の方の氏名を公表されたとき、ご遺族の勇気に感謝をと書かれていて。それって京アニを取り巻く人たちの比較的外側の人にとって、心からの気持ちだったんだろうなと。

 あの人の安否が気になる。 でも誰に聞けばいい? 誰に聞いたら迷惑にならない?
 あの人は無事だろうか? 病院で戦っているのだろうか? それとも・・・。


 私も米澤氏にまねて感謝をしようと思う。

 京都アニメーションの皆様に。
 京都アニメーションの皆様のご家族やご友人に。
 京都アニメーションを支えようと思っている人達に。
 戦う人たちを懸命に治療してくださっている人達に。
 警察や消防の方に。
 あんな犯人を、それでも治療してくださっている人達に。

 京都アニメーションのすべての作品に。

 そして、
 メディアの皆さん、
 どうか、あなた達にも心からの感謝をささげられるような、そんな報道をして下さい。

京都アニメーションの皆様へ

未分類
07 /22 2019
京都アニメーションの皆様へ

お怪我をされた方が、一日も早く良くなられますように。
お亡くなりになった方が、祈りの声に乗って蓮の花咲く場所にたどり着かれますように。
残されたすべての方の痛みが、少しずつでも和らぎますように。

米澤穂信氏がおっしゃるように、犯人への呪いと怒りの思いは、しばらく言葉にせず、ただひたすら優しい気持ちを言葉に紡いで届けましょう。
今を戦っている人たちのために、言葉を紡ぎましょう。

おひとり様ツアーの旅支度

おひとり様ツアー
06 /06 2019
 こんにちは 京都盆地の端っこに棲息して数十年の吐夢です。
 暇な私の他愛もない遊びの部屋にようこそ。お越しいただいた奇特なお方、しばしおつきあいください。




 前回、花村萬月氏のツイッターについて触れた日に、まさかのアカウント削除。
 残念だわ。最後の見城徹氏についてのつぶやきを読めなかった。まとめでは中略されていて。是非、その中略も読みたかったのに。
 まだまだ戦いは続いているようで、せめて出版界へのカンフル剤になればいいなと思う。
 私は早々に引き上げさせていただくね。
 (と、ここまで書いてアップしたら件の花村氏のツイッターが復活していた。いや~怒涛のようにつぶやいて・・・違うな~叫んでらしたわ。今、これをご覧の方、今現在、花村氏のSNSがどうなっているか全く不明です。私は「口喧嘩」を堪能させていただきました)

 今回ですが、霜島ケイさんの封殺鬼についてあふれる愛を語ろうと思っていたところ、ちょっと寄り道を。封殺鬼に対する愛は尽きないので忘れることはないけど、この件はうっかり忘れそうなので先にしておきましょう。
 と、いうこことで、今回はおひとり様ツアーの旅支度について。

 おひとり様ツアーとは、グループ等ではなく、全員が単独でツアーに参加するもの。
 以前、「いわゆるお見合いツアーなんですね?」と真顔で尋ねられてびっくりしたんだけど、そういう趣旨とは違って、ひとり旅のツアー版ってことです。念のため。

 先日の旅行が、何故か、初おひとり様ツアー参加って方が多くて、いろいろ尋ねられたので、それをまとめてみようかと。どなたかの役に立つかもしれないし。ただ私は、石橋を叩いて壊して渡れなくなるタイプなので、本当はあれもこれも持っていきたい。そのことを踏まえて参考にしてね。

 さて、ツアーっていっても、海外・国内、日帰り・宿泊、交通機関も様々でしょ。私は、海外の経験がないので、国内の宿泊パターンで語ってみようと思う。

 まずは鞄。
 旅行社からの案内に、電車に乗るので荷物はコンパクトにとあったので、リュックやボストンバッグにしたのに、他の方はキャリーバッグだったと驚いた方がいたんだな。
 旅行の荷物がコンパクトで軽いに越したほうがよいのは自明の理。ただ、何に乗るかでずいぶん違う。飛行機や船舶は横に置いておいたとしても、大型バスの場合はトランクに荷物を預けることができるので、常識の範囲なら大きい荷物でもまずは大丈夫。問題は電車が絡むときかな。
 私の判断基準は、自力で、階段昇降ができることと網棚に上げ下げができること。添乗員さんや同行者の方の好意をあてにするのは危険。新幹線なら足元に置いておくことも可能な場合が多いけど、特急でも在来線は狭いからね。バスも大型とは限らないので、持ち上げられないなら諦めましょう。途中で荷物が増えたら潔く宅配便で届けてもらいましょう。

 次に持ち歩きする鞄。
 私の場合は、リュック一択。
 何故なら、ひどい肩こりで熱中症経験者だから。
 ショルダーバッグを斜め掛けにするのが、安全性・利便性ともに良いのだけど、僧帽筋にストラップがかかると肩こりになりやすい。骨で鞄の重さを分散して持つと楽。そして、熱中症対策にシーズンを問わずペットボトルは必需品。500mlとはいえクルものがある。
 それとこれは全般に言えることだけど、一人で旅行するときは、誰かと荷物をシェアできないから荷物は増える傾向にあるんだな~。ペットボトルが空になっても他の荷物でそれなりに重いのさ。
 なお、リュック問題点の、安全性の方はファスナーにいわゆる「ナスカン」のついたロックで、利便性の方は小物入れを面ファスナーでストラップに巻き付ける形でクリアしてます。

 次はサブバッグ。
 ひとり旅とは全く関係ないけど、お土産が多い場合は、無印良品のたためるバックが便利。エコバッグはMARNAのシュパットを愛用。これとS字フックを組み合わせて車内バッグとしてる。社内バッグについては、後からお話ししましょう。エコバッグはシュパット以外にも一つは持って行くかな。

 話がそれるんだけど、前回の旅行は二泊だった。で、初日にどうしてもプリンを買って翌日の宿で食べたかったのね。考えた挙句、プリンは一晩ホテルの冷蔵庫で保存。翌朝の出発ギリギリにコンビニでロックアイス1kgを購入。プリンの上にロックアイスを袋ごと乗せて小さな保冷バッグに詰め、もう一重保冷バッグを重ねてからバスに持ち込んだ。いい感じに氷が残って無事ホテルへ到着。水は飲料水として、残った氷は梅酒をロックで頂きました。24時間は難しいかもしれないけど、ほぼほぼ冷房の効いたバス なら半日はこの方法でいけるだろうし、両方から挟むとより安全かも。

 てなわけで、季節によってはシュパットではなく保冷バッグを持っていくこともあります。

 さてと、鞄は決まった。
 次は旅行鞄の中身。
 私が必ず持っていくものは、パジャマとして長袖のTシャツとジャージ。
 これについては、必要がないと判じる人も多いと思う。ただ、このご時世、どこで被災するかわからないから、ひとり旅のリスク回避に必要なものとして諦めている。
 あとは充電器。私はモバイルバッテリーを持ちません。夜にホテルで充電できる範囲の使用としています。

 次、持ち歩きする鞄。
 これについては、本当に必要最低限しか入れていない。財布、携帯、ハンカチ、ティッシュ、メモとペン、エコバッグ、常備薬、ペットボトル。ちょっと変わっているのが爪切りかも。それこそ旅行鞄の上げ下げで結構爪が欠けるから、ちょっと入れておくと便利。

 次がサブバッグ。
 これは買い物するか否かで、大きさや数量を調整しましょ。
 ここで前述の社内バッグの説明を。シュパット(エコバッグ)をS字フックで・・・と書きましたが、要はバスや電車内に持ち込むときの物です。

 ここでおひとり様ツアー基礎知識。
 交通機関を使用する場合、電車は当然一人一席。バスの場合も一人一席が基本だけど、一人二席を売りにしている場合が多いの。
 つまり、横のシートも自由に使えるってこと。荷物を置くのもOK。その場合、S字フックはそれほど必要ではないけど、一人一席の場合、ずっと鞄を膝の上に置いておくのも厳しいし、お土産なんかを買ったときにエコバッグに入れてつるしておけると便利だし。
 まぁぶら下げるかどうかはともかく、車内で使うものをまとめて旅行鞄とは別個で持って行くわけ。
 この車内で使うものだけど、薄手のブランケットかバスタオル・スリッパ・レジ袋・大き目のハンドタオル・飴・弾性ソックス・ネックピロー・ハンドクリーム・ウェットティッシュなんか。

 バスの場合は座ったきりで長距離移動が多いので冷える場合が多い。薄手のブランケットやバスタオルは、冷え予防に使えるし。シートベルトが触れて痛い場合の緩衝材にもなる(ハンドタオルでも可)し。たためばクッションね。もちろん長めの羽織り物で皺になってもいいのなら代用は可能。
 スリッパは、楽っていうのもあるけど、雨の時にハンドタオルで足をふき、レジ袋をかぶせたスリッパを履いておくと靴が塗れても快適。雨女の実感。
 レジ袋はゴミ袋にもなるし。とはいえ、プラごみ問題があるので、レジ袋については再考の必要があるな~
 飴以降は言わずもがなです。不要な人はとことん不要でしょうが、あれば便利よね。荷物の分量で判断してください。

 それから装備。
 なんといっても腕時計。最近は腕時計を持っていない人も多いけど、旅行の、それもおひとり様ツアーでは是非に。スマホで確認できるから大丈夫って人も多いけど、基本的にスマホは鞄の中に入れることを推奨します。ポケットは危険。旅行先で「スマホを落としただけなのに」なんてことになったらどうします?
 それか手に持って歩く?

 おひとり様ツアーに一度でも参加したらわかることだけど、びっくりするほど遅刻率が低い。というか5分前集合?ってくらい集合時間より早く戻ってこられる。
 自己責任って凄いな~って思う瞬間よね。グループだと、つい、他の人に頼ってしまうところが、集合時間・場所・ルートすべて自己管理で、なんかトラブルがあれば初対面の方々に迷惑をかけるのよ、けっこうなプレッシャーですよ。必然的に保守的になるって。
 つまりはメモと時計は必需品なわけね。

 あとは帽子かな。
 雨天にカッパを着ろとはいわないけど、日傘はやはり後ろの方の邪魔になったりするから、日避け・小雨避けに帽子を被ったほうがいい。できれば、つばが大きくて丸めて鞄に入れられるタイプ

 それと「あると思うな、コンビニと自販機。使えると思うな、電子マネー」を標語にするわ。コンビニは覚悟していたけど、自販機もないか?って場所があるからね。少なくともペットボトルは予備を1本鞄に入れてますよ。
 あまり現金を持ちたくないのだけど、クレカや交通系ICカードを交通機関で使うのはともかく、電子マネーは使えるところの方が少ないと思っていて間違いない。コンビニがないんだから当たり前かねぇ。

 最後に事前調べ。
 これは個人の価値観によってかなり変わるので推奨はしないけど。
 私は少なくとも宿の情報は一番につかんでおきます。どこにあるどういうホテルか、アメニティは何があるか、近辺には何があるか。
 荷物がこれで全く変わってくるでしょ。再三登場させて申し訳ないけど、ホテルの横にドラッグストアやコンビニがあればペットボトルを持って行く必要は無いし。場合によっちゃ滞在期間中の飲み物をそこで調達してもいいわけだし。ロックアイスが調達できなければ、プリンを買おうなんて考えないわけだし?
 加湿器の有無だけでも持ち物が違うからね。
 旅程表とホテルの付近の地図を念入りに見比べて、なるべく荷物を減らし、ついでに特産物を買える店を物色して楽しむの~。
 ホテルに入っている店もチェック対象です。気温を読み違えて服を買った人も知っているしね。靴を買う人はざらにいるわね。
 そういう意味では、最初の集合場所も確認しておいたほうがいいかも。地元でも時々場所がわからず走り回る人がいるから。
 新幹線の途中駅から参加ってパターンもあるけど、初めての場合は止めておいたほうがいいかもね。

 基本的な旅行の心得的なものは触れずに置いたつもりなので、ちょっと不親切かもしれません。
 まぁ、気にいるかどうかは一度チャレンジしてみて。

 長々失礼しました。では、皆様の旅が楽しいものでありますように。

吐夢(トム)

吐夢
京都盆地の端っこ棲息数十年
のんきにまったり暮らしています